日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師(G01)

認定薬剤師を目指したいけど、仕事の後や休日に研修会へ行くのは難しい。そういった方でも、認定薬剤師取得をあきらめる必要はありません。この記事では、自宅に居ながらにして、日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師を取得する方法を解説します。

学会・研究会

本記事では、認定薬剤師を目指している方、すでに取得している認定薬剤師の維持、更新を目指している方に向けて、学会の学術集会に参加することの意義や必要性をまとめています。

緩和薬物療法専門薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師

緩和薬物療法認定薬剤師は保険調剤薬局の方でも取得できるような配慮がなされていますが、今回、上位資格として緩和薬物療法専門薬剤師、緩和薬物療法指導薬剤師が創設されることになりました。

学会・研究会

実力と経験を評価する認定薬剤師の制度、とりわけ、領域に特化した認定薬剤師の制度では学会発表や論文発表の実績が求められることが多くなってきました。その理由は、研究手法についての理解できていることは質の高い薬剤師業務には必須であり、それを図る方法として研究成果が求められているからだと考えられます。

がん専門薬剤師 薬物療法専門薬剤師

今回はがん専門薬剤師・薬物療法専門薬剤師の制度が変更され、認定要件(取得に必要な条件)も変更となリました。 今回のこのルール変更により、ちょっとだけ取得のハードルがあがった(取りにくくなった)のではないかと思います。

日病薬病院薬学認定薬剤師(P04)

日本病院薬剤師会では、これまでも認定薬剤師の制度がありましたが、2018年から新しい認定制度が始まりました。日病薬病院薬学認定薬剤師です。試験が加わるなどこれまでの認定制度よりも取得の難易度が上がりましたが、それでもなお、認定取得を目指すことことをおすすめします。

日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師(G01) 日病薬病院薬学認定薬剤師(P04)

新人薬剤師の皆さん、薬剤師国家試験、合格おめでとうございます。これから薬剤師としてのキャリアを積んでいくことになりますが、認定薬剤師・専門薬剤師の資格は必ず皆さんのお役に立てます。認定薬剤師や専門薬剤師は、取ろうと思ったらすぐ取れるものばかりではありません。今から認定薬剤師について知り準備を始めるべきです。

がん専門薬剤師

がん専門薬剤師をめざすためには、それなりの学会に入会して情報収集をしておくことが必要です。 とはいえ、学会には年会費がかかるので、何でもかんでもたくさん入ることには無理があります。 そこでこの記事では、がん専門薬剤師をめざす方が最低限入っておくべき学会として2つ紹介します。

日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師(G01) 日病薬病院薬学認定薬剤師(P04)

認定薬剤師にはいろいろな種類があり、それぞれで認定の要件が異なります。したがって「もの」によってはまあまあ簡単にとれるものもあります。具体的には、努力を評価するタイプ、分かりやすくいってしまうとスタンプラリー形式のやつです。

認定薬剤師(基礎)

医薬品医療機器法(通称︰薬機法)の改正によって、「認定薬剤師」の位置づけが高くなると言われています。一言で「認定薬剤師」と言っても、実は非常に多くの制度があります。本質をわからないまま「認定薬剤師」を取りたい!とだけ言って、のちのち後悔しないために、まずは全体像を知ることが重要です。