日病薬病院薬学認定薬剤師(P04) 認定薬剤師(基礎)

日本病院薬剤師会の2020年度 e-learning が利用可能になりました。今回は、実際にこの e-learning に申し込み方法を、実際の画面スクショを使ってお教えします。

がん専門薬剤師 専門薬剤師

日本医療薬学会がん専門薬剤師の2020年度申請手続きのスケジュールが発表されました。具体的には2020年度の審査を半年ほど後ろ倒しとして、2021年度の審査手続きの順番をこれまでとは入れ替えた内容となっています。どうやら、試験は同じ日に同じ内容で実施するということのようです。

日病薬病院薬学認定薬剤師(P04) 認定薬剤師(基礎)

日本病院薬剤師会が認定する病院薬学認定薬剤師の研修単位は、日本病院薬剤師会自身が運営する e-learning サイト以外では、WEBによる遠隔研修は、単位付与の対象となっていませんでした。しかし、今回の新型コロナウイルス感染拡大への影響、提言されている新しい生活様式を踏まえて、特別措置がリリースされました。

感染制御認定薬剤師 認定薬剤師(領域)

感染制御認定薬剤師の申請要件で地味だけれども、重要な変更がありました。 気づかずにスルーしてしまう人も多いかと思いますので、改めて解説します。また、その変更した意図についても考察します。

がん薬物療法認定薬剤師 認定薬剤師(領域)

先日、認定薬剤師取得に関する相談を受けた際に、示されている申請条件が正直よくわからないといわれました。まさしくその通りで、非常にわかりづらい表現をされています。そこで、今回は「がん薬物療法認定薬剤師申請条件」を例として、もう少しわかりやすく何が書いてあるのかを解説します。

がん専門薬剤師 専門薬剤師

日本医療薬学会の専門薬剤師制度の改訂により、がん専門薬剤師の研修施設に関する要件も変更がありました。 実質的には要件が緩和されるので、長期的にみると以前よりも取得しやすくなったかもしれません。

地域薬学ケア専門薬剤師

2020年5月25日付で日本医療薬学会「地域薬学ケア専門薬剤師」のスタートアップ情報が開示されました。保険薬局における薬学管理の重要性を評価できるよう、保険薬局の薬剤師を対象として創設された制度です。この新しい専門薬剤師制度の一部情報がついに解禁になりました。

がん薬物療法認定薬剤師 感染制御認定薬剤師

日本病院薬剤師会が認定する認定薬剤師の認定要件(日病薬のHPでは「認定申請条件」と言っています)が、今年変更になりました。 その中で、一番大きな変更は、認定するまでに必要な実務経験年数の短縮です。実務経験が5年から3年に短縮されました。最短だと新卒4年目で○○認定薬剤師を名乗ることが可能です。

NST専門療法士

感染拡大防止の観点から多くの研修会が中止になってきています。そうなると、単位取得できる機会が激減、というかなくなります。 こうした事態への対応として日本臨床栄養代謝学会では栄養サポートチーム専門療法士(NST 専門療法士)全認定者の認定期間を1年間延長するという対応を発表しました。

専門薬剤師 認定薬剤師(基礎) 認定薬剤師(領域)

認定薬剤師と専門薬剤師の相違点を解説します。専門薬剤師の方が偉いというわけではありません。認定薬剤師と専門薬剤師にはそれぞれに歴史的経緯があり、もともとは名前、呼称が違う程度でした。ただし、専門薬剤師には「必ず」試験があり、取得者数が少ないので希少性があるとはいえます。